「瞑想」の先に行きついた場所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

お金のセレンディピティ成功カウンセラーの

神谷汐音(かみやしおん)です。

 

今日は、私の大好きな瞑想での体験をシェアします。

 

毎朝晩、瞑想することが日課になっている私ですが、

この日は、誘導瞑想で宇宙に旅立ちました。

 

虹色の周波数のトンネルを抜けて、

頭上から降りて来た等身大のシャボン玉のような乗り物に乗って

低く、低く、宇宙空間を下がって行きます。

しばらくして、シャボン玉が停止したその場所は。

私が、とても行きたかった場所・・・

な、筈です。

 

その、大きなシャボン玉の扉から出た世界は、

アイスランドの広大な景色を連想させる場所でした。

そこには、意識的に進化している、

愛のエネルギーを中心に生きている存在達がたくさんいて、

幸せが溢れるワンダーランド。

 

皆が尊重しあい、慈愛に満ち溢れ、歌声が絶えない平和な世界・・・

 

と、思ってみていると、

 

 

どこからともなく声が聞こえて、

 

「それだけでは、魂の成長が止まっちゃうよ・・・ 」

 

はっ?

 

よくよく目を凝らして観察をし始めると、

 

 

うん?

 

あれれ?

 

欲のツッパリ合いでもめてる人や、

牢獄に入れられそうな人、

怒り狂って顔を真っ赤にしている人や、

不安にメソメソ泣いている人、

嫉妬に体が震えている人まで、現れました。

 

 

すると、またどこからか、メッセージが聞こえてきました。

 

「みんな、肉体を持つ前に予め決めて来た

ブループリント(人生の設計図)に従って

色んな感情を味わって、魂の課題を実践中なんだよ。」

 

「一見、ネガティブに見える感情や振る舞いも、

その魂にとって全てが学びの一項目。

必要があってやってることなので、良い・悪いではありませんから 」

 

・・・

 

・・・??

 

それって、毎日見ている世界と同じなんですけど。。。

 

日常で、よくよく見かける風景とあまり変わらないじゃん・・・ってば!

 

??

 

???

 

だけど、少しだけ意識が上昇している空気感は感じている。

 

 

あれ、「少し未来の地球」に戻って来ちゃった?

 

 

目の前に繰り広げられている風景を

遠目に観察していたら、ざわざわと「心」に「気付き」が入ってきました。

 

そうか、

人間としてのマイナス(として捉えている)感情も、

とても大切な事に気付く学びなんだ。

 

本当は、とても感謝すべきありがたい物なんだ!

 

 

そこから学べるものの「大きさ」も体感覚で伝わってきました。

 

そんなことは、知識としてはわかりきっていたけど、

こうして、かの地で映像として見せられると、

意味合いがしみじみと体に滲みてくるなぁ。。。

 

 

そうして、

 

地球での毎日が、実はどんなに祝福されていて、

 

ありがたく、

 

愛おしい日々の連続であったのかを思い出し、実感してしているうちに

 

戻る時がやって来ました。

 

 

シャボン玉に乗り込む時には、

 

地球に戻ることがとても楽しみで、

 

日常に戻ることに深い感謝の想いで帰還したのでした。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

観てきた世界の話は、ここまで。

 

 

 

さて、

 

瞑想は精神的なリラックス効果だけでなく、

肉体的にも健康効果があるそうです。

この深いリラックス感を味わっている間に、

損傷を受けたDNAも修復されているのかもしれませんね。

 

また、集中力や直観力も向上します。

これは、私が日々実感していることですが、

朝の瞑想で、その日の効率が断然上がります。

 

無意識に集中力が上がっているので、

作業がサクサク進み、

次の行動をとる前に、潜在意識の方で、先にスタンバイ状態になっている、

そんな感覚があります。

また、直観がビンビン働くので、

無駄な選択が無くスムーズに1日が展開していきます。

 

以前は、朝の瞑想だと、雑念が多く、

「まず、これやらなきゃ、」

「あっ、その前に洗濯機を回そう!」

とか、仕事の段取りなんかが頭に浮かんで手帳を開いたり、

途中で止めちゃうこともままありましたが、

この効率性に気付いてからは、

まず、瞑想からスタートすることに

なんのためらいも無くなり深く入れるようになりました。

 

 

1日1善。 ならぬ、 1日1瞑想。

 

絶賛オススメいたします!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*