そのとき、あなたが見たい・信じたい現実しか見えない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

潜在意識を刺激するスピリチュアル・コーチの神谷汐音です。

 

突然ですが、

世界は客観的なたったひとつの事実で成り立っていると思いますか?

 

ちょっとわかりづらい表現になっているかもしれません。

 

誰の目から見ても、同じに見える「唯一の世界」と存在しているのか?

ということです。

 

量子力学の世界では、答えはNOだそうです。

観る人の観方によって、実際に現実世界は変わってしまいます。

それは、観る人のその観察によって世界が創り出されるからだそうです。

 

ミクロの世界でいうと、波である電子が、

第三者の観察によってその瞬間に粒になり物質化される、と言う事らしいです。

 

私たちの体を、細胞→分子→原子→量子 と細かく見ていくと、

最終的には、波動だと言う事は聞かれたことがあるかもしれません。

 

この波は、誰も見ていない、意識されていない状態では、波であり、

3次元的にどんな状態の物質にも成り得る存在です。

 

しかし、誰かに観察されて初めて、その時の意思・意図によって固定化されると言う事です。

 

実は、私たちの意識自体も波動=エネルギーです。

 

その意識から放たれた意図が、波として自分の外側の世界に作用し、

外側の世界の波が、意識の波に影響されて粒になり物質化して

目の前の世界が形作られてるそうなのです。

 

それも、毎瞬・毎瞬、あなたの瞬きよりも何万倍も速いスピードで!!

 

だから、

 

あなたが、幾万通りもあるパラレルワールドから、

次の瞬間にどの現実を創り出すのかは、必ずあなたの意識が決めているのです。

 

これがよく言われている、

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」の量子力学的な見方ですね。

 

あなたが、顕在意識も潜在意識も100%疑いなく信じることが出来れば、

「千と千尋の神隠し」の「カオナシ」の様に、

指をこすれば金をも創造できるのかもしれませんよ!

 

数日前のブログでも、決める事が大切だと書いたのは、これが言いたかったのです。

 

あなた自身が意図して、あなただけのオリジナルで素敵な人生を

自ら創り出した結果がこの3次元世界なのです。

 

でも、

 

そうは言うけど、、、

 

「冗談じゃない、こんな現実、わたし、少しも望んでません!」

「イメージボードを作って、何度も何度もイメージしました!」

「アファメーションもしょっちゅう唱えているけど、、、」

なんて方も、いらっしゃるかもしれませんね。

 

いえいえ、

 

あなた、しっかり潜在意識からの想いが現実化していますよ!

 

私達が、100%望み通りの願望実現をできないのは、

顕在意識と潜在意識がズレてしまっていることがよくあるからです。

 

このズレが解消されないと、どんなに顕在意識で意図したところで

現実は意図通りには変わりません。

 

このズレを解消できたときに、

あなたの願いは思いもよらなかった形で現実化されるのです。

 

「じゃ、どうやって解消したらいいんですか?」

って声が聞こえてきそうです。

 

このズレを解消するためには、自分との対話が重要になってきます。

 

「どれだけ本質の自分を理解できているのか?」

「自分のことぐらい、と、分かっているつもりになっていないか?」

 

自分と何度も向き合うことが大切です。

 

自分の心の中で自分の心の底からの本音が出てくるまで対話をしてください。

 

世で言われている成功されている方は、どなたも自己対話がお上手です。

 

普段は個人セッションの中で、

クライアントさんの本質を見つけるお手伝いをしているのですが、

(このブログのお客様の声も参考にしてみてください)

一人で取り組むのにうってつけの教材を、私の師匠である佐藤由美子先生が開発されました。

 

やることは、1日10秒と、とってもシンプルで取り組みやすいのに、

実はすごぉーく奥が深くて、いやシンプル故に、奥深いのですが、

一生続けられる、続ければ続けるほどに恐ろしく効果を感じる教材です。

ご興味を持たれた方は、こちらをご覧になってください。

http://afc.forestpub.co.jp/213453/1004/1099/10253

 

さて、今日も最後までお読み頂き有難うございました。

 

次回は、「愛」のエネルギーについてお話ししようと思います。

 

また、遊びに来てくださいね。

 

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*