セルフイメージは簡単に変えられるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スピリチュアル・コーチの神谷汐音(かみやしおん)です。

今日は、セルフイメージについてお話しします。

「私、セルフイメージが低くって・・・」と、

誰に問われるまでもなく、勝手にセルフイメージが低いと
決め込んでいる方をちょくちょく見かけます。

いや、何を隠そう、数年前の私もその一人でした。

「どうしたら、もっと自信をつけられるだろう?」 と、
数々のセミナーに通ってみたり、ヒーリングでブロックを外してみたり、
外側の世界にばかり答えを求めて、迷路の中をぐるぐるさまよっていました。

確かに、私が育った昭和の高度成長期は、
自分にダメ出しを繰り返す事で、自分を鼓舞し奮い立たせ、
消耗も蹴散らしひたすら前へ進む、の繰り返しだったような気もします。

「自分はマダマダだ! 上には上がいる!」
このように、山の頂を目指して 一生懸命山登りしながら、
自分をダメダメにこき下ろす負のアファメーションを
胸に刻み続けていたのだと思います。

また、謙遜と言う文化を持つ日本の中で、
極端に自分を認めてあげない、
学生時代でさえ、そんな勘違いを繰り返していたのでしょう。

でも、

でもですよ、

・・・

セルフイメージを上げて、もっと実力を発揮できるように
四苦八苦しているうちに、ハタと気付いたんです。

「自分の現実を作っているのは、紛れもない自分である」という事を。

もし、あなたが「自分は全然イケてない」というレッテルを自分に貼り付ければ、
次の瞬間にその現実が創造されます。

そうすると、

その前提で、あなたの脳は思考し始め、
イケてない自分として、行動し始めます。

であれば、

ちょーっと、イメージしてみてください!

「私って、ちょっといい感じかも?」
と言う新しいレッテルを張り付けて、
そのつもりで思考・発言・行動したら・・・

どうですか?

この、
「私って、ちょっといい感じかも?」
という塩梅が、抵抗のないイメージとして大切です。

さっきまで、セルフイメージが低かった人が、
いきなり、「自分はすごい!」 なんて嘘くさいですよね。
これでは、潜在意識にも抵抗がおきて、臨場感を感じられません。

自分のセルフイメージを、
少しずつ抵抗の起きないレベルで上方修正を繰り返していく。

そうすると、そのレベルに合わせて、
出会う人も変わり始め、チャンスにも気づくようになり、
何より自分らしく行動できることで、パフォーマンスが向上します。

長い間、ブロック開放しても、いろいろ書き換えても、
「なんか、丹田あたりにセルフイメージの低い自分が居座ってるんだよね~」
なんて、わかった顔して語っていた私も、

こうして、

少しずつ、

低いセルフイメージから抜け出してきたのでした。

最近は、
「私は、とにかくラッキー!」
と、決め込んでいるので、日々、様々なラッキーのオンパレードです。

はい、ラッキーな人とも、よく遭遇しますよ!

根拠のあるなしは、実は潜在意識には関係ないこと。
自分に違和感がなければ、決め込んじゃうが勝ちです!

だから、この記事を読んで下さっている読者の方で
セルフイメージを高めたい方がいれば、
自分に抵抗のない言葉を選びつつ、
ご自身のセルフイメージを更新していって下さいね。

では、明日は、量子力学のお話をしようと思います。

また、遊びにいらしてくださいね。

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*