「夏至」は、あなたに何を決断させたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
お金のセレンディピティ成功コーチ
神谷汐音です。

瞑想会

今年は、ストロベリームーンの翌日が、
夏至でしたね。

ピンクのまあるいお月様に、
優しく満たされた気分を頂き、
幸せを噛みしめて眠ったら
次の日、夏至になってました。

今年は、たぶん400名近い人が参加したであろう
都内の瞑想会に参加しました。

夏至のエネルギーの中で、大勢の人の集合意識に繋がり、
不必要になったエネルギーを感謝と共に手放し、
現実化を加速させていく決意を自分にしっかり刻みました。

 

「被害者意識」

私は、この1か月ぐらいの間、
自分の中にあった被害者意識に向き合ってきました。

しかし、この被害者意識、

そもそも、そんなものを自分が抱えているなんてことに
何十年も気付かずに生きてきたのです。

なぜなら、

「なんで、自分ばかりに問題が起こるんだろう?」
「私は本当に不幸! いつも同じパターンが繰り返されているの」

といったような、いかにもメソメソしたような感じ、

こういうものが、被害者意識だと思っていました。

ところが、

「この会社のやり方じゃ、いつかお客に見放される」
「商品力がないから売上が上がらない」
「上司がバカ過ぎる」
「部下が無能でムリ!」

と言った文句を、
飽きもせずにブーブー言い続けていた私に
「あっ、それも、被害者意識ですよ」
と教えてくれる人が現れました。

人のせい、環境のせいにする、
そんな癖があることは、
随分前に気付いていたのですが。

そして、

「私がいくら頑張ったとしても、
誰かのせいで、世の中うまくいかない」

と、頭の中でグルグル思考続けると、

「そういう現実を創り上げる事」に気付いてからは
意外と簡単に
人のせいにするのを止めることが出来ました。

いままで、

一生懸命、自分を正当化する。。。

その実、自分はダメな子だと思っている。

ダメな子・悪い子だと言う罪悪感を持っている。

罪悪感を隠したくて、更に正当化を試みる。

自分は悪くない・・・

・・・・・

その下には、
古い怒り、恐れ、不安、絶望感がしっかり存在していたのです。

人から責められる、 は・・・

実は、自分で自分を責めている投影。

「私は、こんなに頑張っているんだから認めて欲しい!」は、

「人に認めてもらってこそ意味がある」という中毒になり 、

そうすると、 もう嫌がらせの様に「認めてくれない人」を
引き寄せるのだそう。


まさに、顕在意識と潜在意識が捻じれている様子ですね。

 

夏至に決意したこと

そして、たまたま数日前のこと。

ここ数年、なぜか理不尽な状況で、
色んな状況で嫌な出来事に遭遇して来た事が、

実は、

10数年前に 私が加害者として起こした出来事に起因していた、

と言う、
カルマの法則的な話が蒸し返され、
あらためて時間の幅に、びっくりする事がありました。

その当時の自分は、
「この罪滅ぼしを正面から受け入れる覚悟で生きる」 と、
その時の自分に決意して生きてきたように思います。

その覚悟が、これらの嫌な状況を引き起こし続けたのにも係らず、
辛い気持ちを味わっているうちに、
罪を償っていると言う事を忘れ、
被害者意識を持ってしまっていたんだと思います。

そうして、
今まで自分には無縁だと思っていた「被害者意識」と
その根っこにある「罪悪感」が、
今ここで、偶然にもあぶりだされました。

それはまるで、
「夏至にまとめて手放す」ためのお膳立てのよう。

瞑想会までにしっかり「被害者」の感情を味わいきり、
夏至のエネルギーの中で「罪悪感」を手放すことが出来たのです。

そして、これを機会に何を決意したかと言うと、
自分軸をしっかりさせることで、宇宙の源にしっかり繋がり
ヒーリングエネルギーをよりパワフルにして
セッションの効果に明らかに違いをもたらすこと。

瞑想会会場で、大勢の参加者の集合意識が繋がる中、
「浄化」と「活性化」のエネルギーが渦巻く中で、
しっかりと、自分自身に、決意と宣言をしてきました。

そして、人生がより好転し、輝く未来を確信でき、
迷いなく、次の行動への一歩を踏み出せる自分を感じました。

今年のパワフルな夏至エネルギーを借りずして、
これほどの浄化・手放しと、
自分に対する確信は得られなかったと思います。

 


この夏至で、あなたが決断したことは何ですか?

 

きっと、私と同じように
特別な思いで夏至を過ごされた方も多かったと思います。

 

皆様の決意・決断が、
夢や目標の現実化にストレートに繋がっていくことを
お祈りしております。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*